思い描いていた賃貸物件にであえるサイト。もう、失敗しない為に物件探しの知識を身につけましょう!

もう間違えない賃貸探しTOP 藻場再生 磯焼け対策 磯焼け対策や藻場再生について

磯焼け対策や藻場再生について

赤潮の影響から発生している藻場の減少については、海の生態系に大きく影響が起こっているようです。現在においては、さまざまな団体によって藻場再生や磯焼け対策の取り組みが活発化されていて、海の生態系を取り戻そうとされています。

万が一藻場がなくなってしまうことで、海にはさまざまな影響を与えてしまいます。海の生態系すら崩れてしまう可能性がありますので、防ぐためには藻場再生や、磯焼け対策をおこなう必要があります。

主な対策はさまざまありますが、海藻のタネを植えたり、藻が生えやすい環境を作ることが大切になります。

藻場再生や磯焼け対策の関連記事

磯焼け現象の原因となる食害の対策と藻場再生

磯焼け現象の直接原因としては、ウニの大量発生が有名ですが、アイゴ・ブダイ・イスズミなどの植食性魚類の影響も大きいです。

これらの魚は食用もできますが、近年は需要が減少しているため漁獲されずに数を増やしています。藻場再生のためにはウニの除去と合わせて、植食性魚類の漁獲も積極的に行う必要があります。

またウニに関しても、商品価値の低いものは駆除後に肥料として利用し、商品価値の高いものは他の藻場に移植するなど、生息密度の調整によって利益をあげている地域が存在します。食害対策を兼ねた利益の向上による、一石二鳥の藻場再生を検討してはどうでしょうか。

藻場再生に効果的な方法

海の環境を綺麗な状態で保つために藻場の存在は重要です。しかし、その藻場も海水温の上昇で起こる磯焼けなどの影響でどんどん死滅しています。

そうなってしまうと魚たちの隠れ場が亡くなって寄り付かない場所になってしまうので漁業に大きな影響をもたらします。そのため藻場再生を行っている団体も少なくなく、手軽に行える取り組みとしてウニを人力で除去することです。

ウニは藻を食べてしまうので、網袋に入れた胞子を植え付けて新しく藻を育てようとしても障害になります。農業で例えるとウニの除去が畑を耕すこと、胞子の植え付けが種まきという流れになっているのです。

MENU

もう間違えない賃貸探しHOME 賃貸 賃貸マンション 大阪で探す賃貸マンション 賃貸大阪、梅田 大阪の不動産とレンタルオフィス レンタルオフィス 九州の賃貸事務所や賃貸オフィス 藻場再生 磯焼け対策

賃貸マンション、賃貸オフィスや賃貸事務所、レンタルオフィスといった物件探しに関するお役立ち情報を集めたサイトです。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。東京や大阪の賃貸物件の詳細については不動産会社の検索サイトをご覧ください。地球環境問題を考えた藻場再生や磯焼け対策については積極的に取り組む大阪の企業の対策事業や活動に注目!

水質の浄化につながる藻場再生

藻場再生の工事は海にとってとても大切です。魚の産卵や稚魚が育つのに必要なだけでなく、水中の有機物を分解して富栄養化を抑え、酸素を出すので、水質の浄化にとても役立っています。

しかしながら、日本の高度経済期に藻場が約7割も減少してしまい、藻場再生が必要となっています。

藻場再生の工事を行うことは、海に様々な生物が生息し、また海の水が保全されることにつながるのです。そのため、今、全国で約290の漁業組合が藻場再生に取り組んでいます。

藻に必要な栄養を与えたり、藻を食べる生物を除去したり、種苗を植えつけたりと、地道に活動を行なっているのです。